子供達の元気と成長を願うダバイザーは、2010年、郡山市を愛してやまない熱血先生によって改良に改良を重ね、ようやくその命が吹き込まれたのだ。ダバイザーは、何より歌が大好きで、子供達の運動不足を解消し、子供達と一緒にオリジナル体操をすることで、自らのパワーがチャージされる。
そう!きみたちにも聞こえたばい?どこからともなく、ダバイザーの歌声と子供達の元気な声が・・・聞こえてきたばい?


ダバイザーと一緒に、元気に歌って体を動かそう!

「んだばい、だばい、そうだばい!みんな元気に大きくなぁれ!」元気を運ぶ「ダバイザー」がご当地ヒーローとして、子供達みんなのところに登場!ダバイザーと元気いっぱい身体を動かしてみんなで一緒に歌を歌おう!郡山市を中心とした保育所や幼稚園に遊びに行くよ!

事業の目的

●身体を動かして元気いっぱい!  震災から6年が経過し、段階的に避難解除も進み、様々な規制が緩やかになってはいますが、子供達の運動不足が引き続き懸念されています。また近年、店内、屋外のあちこちでスマートフォンや携帯端末ゲームで遊ぶ子供達を目にします。もちろん、それも遊びのひとつではありますが、やはり子供達には健全な発育のためにも、元気よく身体を動かして欲しいと願っています。

●方言を知って地元を好きになろう! 今の子供達はテレビやメディアを通じて、全国の言葉を耳にする機会が増えています。さらに、核家族が増え、おじいちゃん、おばあちゃんとの触れ合いも減ることで、ますます地元の方言を知らない子供達も増えてきたように感じます。 二つの願いを込めて、ダバイザーが各施設を訪れます。地元の方言をちりばめた歌に合わせて、ダバイザーが子供達と一緒に身体を動かす体操をします。地元福島県の子供達が今以上に心身ともに元気になること、そして元気になった子供達を通して地域の活性につなげることが大きな目標です。


ふくしまの子供達に夢と元気を与える会

事務局:〒963-0111 福島県郡山市安積町荒井字年柄1-33
連絡先:090-4315-4779(大塚)
平成29年度福島県地域創生総合支援事業(サポート事業)
地元ヒーローと一緒に歌を歌い体操して元気になろう事業